CLUB OFFICE

〒811-0212

福岡市東区美和台4-6-2 

4-2-6 Miwadai Higashi-ku
Fukuoka-City, Japan 

E-MAIL:justgoit@outlook.jp

TEL:090-7460-7293 [柿木]

 

TRAINING GROUND

和白地域交流広場グラウンド

[福岡市東区塩浜2] 

火曜日、金曜日

U12 17:00~19:00

U15 19:00~21:00

  • w-googleplus
  • Twitter Clean
  • w-facebook
Map
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

© 2015 by CLUB HIGASHI FUKUOKA ACADEMIC AND ATHLETE all rights preserved.

Our mission

今日、日本でのスポーツ人材育成は様々な手段で多くの情報が習得でき、より専門的で世界基準の指導が実践できるようになりました。選手の成長も目覚ましく、早くからグローバルな世界観を持ち、様々な志で海外へ挑戦するアスリートは多く存在しています。そのような志高い青少年を地域で育て、来たるべくグローバル社会の様々な分野で活躍できるTOTAL ATHLETEとして世界に羽ばたかせたいと考えます。

私達が考えるTOTAL ATELETEを育てる理念とは・・・・

 We can only give good advice or put them on the right paths, but the final forming of a person’s character lies in their own Hands. 

 1. Human   Development [人材育成]

今日のスポーツ育成年代の指導では、国内外から多くの情報の習得が可能となり、より専門的に世界基準の指導が行われるようになってきました。指導を受ける選手のレベルUPも目覚しく、日本の高校、大学年代の平均的な個人技術能力は世界においてもトップクラスと言えるほどの進歩を遂げています。しかしながら日本における学生スポーツのトップレベルの選手の傾向として、学業に励む機会が少なくスポーツに偏った学生生活となっていることも事実です。トップレベルにいることで夢も膨らみプロフェッショナルプレーヤーを目指して、多くの時間をスポーツに費やすことは決して悪いことではありません。長い人生をアスリートとしての夢の実現だけで完結できることは本当に稀なことです。私達はアスリートとしての夢を追求していくことと、現実的な未来を多様にイメージして、長い社会生活を乗り切っていける学力、知力、創造力、洞察力、コミュニケーション能力を養い、逆境に強い「Resillience(精神的回復力)」を備える人間力の礎を育成します。

2. Keep   One's   Dream   Alive [夢を育む]

The special secret of making dreams come true can be summarized in four C’s. They are Curiosity, Confidence, Courage, and Constancy.

                          By Walt Disney

ミッキー・マウスの生みの親である実業家のウォルト・ディズニーは、夢をかなえる秘訣は4つの「C」に集約されると言いました。

それは、「Curiosity – 好奇心」「Confidence – 自信」「Courage – 勇気」そして「Constancy – 継続」です。

未来を拓く子供たちが旺盛な好奇心を持ち、様々なことに勇気ある挑戦をする中で確かな自信が芽生え、その繰り返し、継続から積み重ねた豊かな経験が夢への扉へと繋がっていくものだと考えます。

私たちは子供たちの夢と可能性を最大限に育てます。

 

3. From   Local   To   Global [地域から世界へ]

グローバル社会と言われて久しい今日、企業は国内需要低迷から、新興国をはじめ活発な国外に目を向け、国際市場の開拓による成長にシフトしています。
そんな中で近年問題視されていることは「グローバル人材の不足」です。
スポーツを通して、身近な地域の子供達が、将来必要とされるグローバル人材となる為の礎を築いていくことを目的とします。
私達の考えるグローバル人材とは「国際社会の中で言語、文化、価値観が異なる多様な人々と意志、感性、思考を伝えあい、主体的に課題を解決していくことができる人」。
留学等、海外生活体験を通して、語学力を試し、自分と違う見方考え方など多様性への理解を深める異文化コミュニケーション、そして自らを客観視して日本人としてのアイデンティティを養うことを実践して行きます。